100均(ダイソー)のリメイクシートを使って、撮影用の背景シートを手作りしてみました。

SNSにおしゃれな写真をアップしたい時やブログに商品レビュー載せたい時など、背景を変えるだけでグッと写真の雰囲気が良くなりますよ。

全てダイソーの商品を使って撮影用の背景シートを自作したら、なんと1枚86円で作れちゃいました!

作り方はとっても簡単!おうちにある道具だけですぐにできますよ。

あおい
作り方は簡単すぎるので、工作が苦手な人でも大丈夫です!

種類が豊富!ダイソーで売られている撮影の小道具

「Instagramやブログでおしゃれな写真を撮っている人って、撮影道具にお金をかけているのかな?」って気になることはありませんか?

調べて見ると、おしゃれな写真を撮っている人は、100均で買える小道具を使って撮影している人が結構多いことがわかりました。

今回利用したダイソーでも、撮影用の小道具が豊富に販売されていてビックリ!

ダイソーにインスタ映えする撮影小道具がたくさん

ダイソー写真の小道具

ダイソーはよく利用していますが、今まであまり気に留めていなかった造花や雑貨のコーナーを見てみると、写真撮影に使えそうな小道具がたくさんありました。

動物やフルーツなどの小物雑貨、造花、木箱、イーゼル、フェイクグリーン、ガラス玉など…。

もちろんおうちのインテリアにも使えますが、小さな雑貨は撮影用の小道具にもぴったりです。

上の写真中央にある正方形のアクセサリーケースのような木箱も商品のレビューなどで、商品を置いて写真を撮っている人を見かけたことがあります。

商品を実際に見て「こんな使い方があるんだ!」と感心したほど。アイデア次第でいろんな使い道がありますよね。

100均の「リメイクシート」の用途

ダイソーのリメイクシート

実際、今回自作した撮影用の背景シートに使ったのは、ダイソーでは「リメイクシート」と呼ばれる商品です。

他にも、スタイルシートや背景シートなどと呼ばれることもありますね。

元々ダイソーの「リメイクシート」は、DIYなどで壁を装飾するために使用する粘着式のシートだそうです。

ダイソーの「リメイクシート」は種類豊富で、サイズもいろいろと用意されています。

そのまま使用するとサイズが大きいので、撮影に必要なサイズに加工してみようと思います。

スポンサーリンク

リメイクシートを使って撮影用背景シートを手作りする

ネットでも手軽にプロのような写真が撮れる「撮影ボックス」も人気です。

値段も安いので、レビューも結構多いですね。

暗い場所でも昼間に撮ったような写真が撮れるLEDライト付きもあります。

メルカリや他フリマアプリなどで、商品をきれいに撮影するために使用している人もよく見かけます。

私は、もっと安く撮影用背景を自作できないかなと考えて、手作りしてみることにしました。

作り方は簡単すぎるので、手頃に作ってみたい人は是非参考にしてみてください。

背景シートを作るために必要な道具・費用

ダイソーのリメイクシート

今回購入したのは、ダイソーの「リメイクシート」4種類。

リメイクシートの柄は10種類以上あったと思いますが、お好きな柄を選んでください。

商品によって、表面に凹凸おうとつがあったり、光沢こうたくがあったりと本物の壁紙のように上質な素材のものもあります。

左から「木目柄B」「コンクリート柄」「レンガ柄」「大理石柄ホワイト」という柄です。(商品によっては、現在販売していない可能性があります)

ダイソーの背景シート作り 厚紙

他に必要な道具は、「美濃判 厚紙」(5枚入り)です。

デコレーション用ネイルパーツも購入しましたが、今回はまだ使用しません。カラフルな貝殻を砕いた小さなパーツで、撮影の時に散りばめてインスタ映え用に購入しました。

【背景シートを作るために必要な道具】
  • リメイクシート(100均)
  • 厚紙(100均)
  • ハサミ
  • 衣類用アイロン

材料はこれだけです。もちろん購入した商品は、ダイソー(100均)なので全て1つ100円です。

ハサミやアイロンはご自宅にある場合は購入不要ですね。

100均「リメイクシート」を使って撮影用背景シートを手作りする

ダイソーのリメイクシート

では、実際に作ってみます。

まずは、リメイクシートを好みの大きさにカットします。

撮りたい物にもよりますが、小物の撮影であればA4~A3ぐらいのサイズで十分かと思います。今回購入したリメイクシートはほとんどが30×80cmでした。

今回購入した厚紙は、27.3×39.4cm(厚さ0.58㎜)です。

背景シート手作り

高さ30cmのリメイクシートに対して、厚紙の高さが27cmほどなのでリメイクシートに厚紙がすっぽり重なります。

余分にはみ出たリメイクシートはハサミで簡単にカットできます。

背景シート 100均 作る方法

余分な部分をカットすれば…はい、完成です!

すいません。簡単すぎて、説明がほとんどありません(笑)

背景シート1枚、コストはいくらかかった?

今回、撮影用背景シート1枚にかかった費用ですが・・・

  • リメイクシート約6割使用:60円
  • 厚紙5枚入りの1枚使用:20円

1枚の背景シートを作るためにかかったコストは80円

税込みでも1枚86円となりました!

安くて、簡単にできて、コスパ最高です。おまけに、ダイソーの「リメイクシート」自体のクオリティーも高くて大満足です。

間近で見るとフェイクなのはわかりますが、上の写真を見る限り、写真越しだと本物の素材のように見えます。

ここにフェイクグリーンや小さな小物を合わせると、一気に写真が引き立つと思いますよ。

スポンサーリンク

100均リメイクシートで撮影用背景シートを上手く作るコツ

ダイソーの「リメイクシート」で簡単に作成できる撮影用背景シートですが、作るときにちょっとしたコツがいります。

これをするだけで、仕上がりが全く違うので是非実践してみてください。ポイントは2つだけです。

コツ① 折り目1つずつシワを伸ばしながら貼る

ダイソーのリメイクシート

まず厚紙にリメイクシートを貼る時は、一気に貼るのではなく少しずつ空気を抜きながら貼ります。

上の写真のように、購入した「リメイクシート」を広げると、しっかりと折り目がついています。

1つ目の折り目までシールを剥がし、そこに厚紙を合わせて貼ります。そして、一定方向に空気を抜くように貼っていきます。

背景シート手作り

手でシワを伸ばすには限界があるので、今度はアイロンを使ってシワを伸ばしてみます。

コツとしては、まず厚紙にリメイクシートを貼ってからアイロンをかけるようにした方が仕上がりが綺麗です。

先にリメイクシートだけアイロンをかけると、綺麗に平面にならなっかたのでご注意を。

コツ② アイロンでシワを伸ばす

では、アイロンを使ってシワを伸ばしたいと思います。

背景シート手作り アイロンでのばす

アイロンの温度は【低】に設定して、スチームは使用しないでください。

リメイクシートにハンカチ等の薄い布をあてて、その上からアイロンをかけます。

【注意】アイロンを同じ場所に置いたままにするとリメイクシートが溶ける可能性があるので、アイロンをサーッと動かしながらシワを伸ばしてください。

シワに沿って、外側に空気を抜くようにかけるとシワが取れやすくなります。

背景シート 100均 作る方法

何度か繰り返しアイロンをかけると、こんな風に仕上がりが綺麗な平面になります。

アップで撮影するとシワが気になったりするので、ここでしっかりシワを伸ばしておくことをおすすめします。

手作りした撮影用背景シートを使って撮影してみた!

実際に自作した背景シートを使って写真を撮ってみます。今回は、サンプルでもらったら化粧品を撮影してみました。

まるでおしゃれなおうちで撮影しているみたい

手作り背景シート 撮影

どうでしょうか??

写真越しに見ると、まるでレンガの壁のように見えませんか?床も木目のリメイクシートを使っています。

手作り背景シート撮影

アップにしても写真越しだとあまり違和感がない感じがします。

我が家にこんなオシャレな石のタイルはありませんので、かなり雰囲気が変わって満足です。

手作り背景シート撮影

持っている小物と商品を合わせれば、おしゃれ感がグッと上がるような気がします。

一見、洗面所で撮影しているように見えますが、リビングの窓際で撮影しています。作った背景シートを持って窓際で撮影するだけで、全体的に自然な仕上がりになりますよ。

背景シートがあれば、どんな場所でもおしゃれな雰囲気のある撮影ができるのが良いところです。

手作り背景シート 写真の加工

撮った写真をスマホアプリ等で加工すれば、一気におしゃれ写真の出来上がり!

こんな写真インスタでよく見ますね。小物だけでなく、ネイルや手の撮影をしたいときなどにもおすすめです。

メルカリなどで商品をおしゃれに撮影すれば、いつもより購入される頻度が上がるかも!

メルカリ会員登録後、招待コード【 KDXJWF 】を入力すると300P(300円分)もらえます。

他にも絵柄がかわいい撮影用背景シートもあるよ

ダイソー「リメイクシート」の柄がシンプルだと思っている人には、イベントや記念撮影にも使える背景シートがおすすめです。

誕生日、赤ちゃんのお昼寝アート、ハロウィンなど、イベントに使える大きめの背景シートはいかかがでしょうか。

created by Rinker
¥1,639 (2020/05/26 14:57:27時点 楽天市場調べ-詳細)

雑誌の付録で、背景シートがついているものも手軽に使えておすすめです。

写真の撮り方やコツなども紹介されているので、背景シート初心者でも安心です。

ミナ MINA (TWICE) グッズ - フォト ポスター セット[ポスター12枚 + ステッカー セット1枚] 30cm x 42cm SIZE

まとめ

100均のリメイクシートはコスパ最高で、本格的な背景シートが作れるよ!

1枚86円でこのクオリティーならコスパはいいのではないでしょうか?

工作が苦手な方でも作りやすいと思いますので、是非試しに作ってみてください。

 

他にも、節約におすすめな必殺技はこちらをどうぞ!